トップ  > 安藤代表のブログ  > 秋ではないけど。燈火親しむべし。

トップページ講座案内人財紹介レンタル・貸し会議室会社概要お問い合わせ

秋ではないけど。燈火親しむべし。

時秋積雨霽
新涼入郊墟
燈火稍可親
簡編可卷舒

という漢詩の一部です。
NHKドラマの「この声を君に」の中にでてきて、心に残ったので調べてみました。

時秋にして積雨(せきう) 霽(は)れ、
新涼(しんりょう)郊墟(こうきょ)に入(い)る。
燈火(とうか)稍(ようや)く親しむ可(べ)く、
簡編(かんぺん)巻舒(けんじょ)す可べし。

まるっきりのパクリなんですが、漢字だけだとわからない💦

秋になると雨も止んで空も晴れ、涼しさが郊外の丘にもたらされる。
夜はいくらか燈を灯して、書物を広げるのが良い
という意味らしい。。。
言葉は、ため込まないと外に出てこない。

やっぱり読書は大切だと覆う。

株式会社クロスアビリティズ

〒 810-0001

福岡市中央区天神2-14-38
伊藤ビル3階

TEL:092-791-7656

FAX:092-791-7657

採用をお考えの企業様へ




プロフィール用のFBには、
ちょっとした小話ついてます。